« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

【MEMO】芳香分子の分類と作用1

モノテルペン炭化水素類C10H16(主な作用)鬱滞除去作用、抗炎症作用、コーチゾン様作用、抗ウィルス作用、抗菌作用
構成成分
リモネン
δ‐3‐カレン
γ‐テルピネン
α‐ピネン
構成成分作用
リモネン肝臓強壮作用
腎臓機能促進作用
蠕動運動促進作用
δ‐3‐カレン鎮咳作用
γ‐テルピネン静脈強壮作用
鬱滞除去作用
α‐ピネン強壮作用
作用精油
肝臓強壮作用オレンジ・スイート
腎臓機能促進作用グレープフルーツ、レモン
蠕動運動促進作用ブラックペッパー、ベルガモット
鎮咳作用サイプレス
静脈強壮作用ティートリー
鬱滞除去作用スイートマージョラム
強壮作用サイプレス、ユーカリ、ジュニパー、フランキンセンス

インストラー資格受験


※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆




| | コメント (2)

精油プロフィールのまとめ

インストラクター試験ともなると、今までの1・2級の
精油に加え、あと10種類プラスされます。

そうすると、1・2級の精油プロフィールの記憶も
怪しい私なので、記憶帖なるものを作成してました。

しかも実家から持ち帰ってきた、水彩色鉛筆が
こんなところで役に立つとは思わなかった。

今回は「科」でまとめ科ごとに色を分けて
ヌリヌリしてました。

また今度は、「芳香分子の分類と作用」を
一覧表化したりしてました。
これは機会があれば、カテゴリー「インストラクター」
のところにUPしておきますね。

今度は基材に関する知識を
また単語帳のようにして持ち運びできるタイプで
作っていく予定です。




※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆




| | コメント (0)

グニャと言う音のその後

両足比べて見ましたがやっぱり少し、
左足がはれてました。

特に今は、歩くときとかには支障ないのですが、
重いものを持ったりしながら歩いたり、
少しでも膝をひねると、容赦なく痛みがツーン
と来るのです。

生憎なった時も、11日(土)は祝日で病院休みだし、
12日(日)は日曜日で休みだし・・・・。

とりあえず湿布で応急処置をしておきました。

明日までには治れー。


彼の了解をとって、明日は錦糸町で友達4人と
飲み会です。(と言っても、私はソフトドリンクしか
ダメですが(>_<))
だから、治れー治れーとおまじないをかけている最中です。





※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆




| | コメント (2)

無線ランの不具合

今までADSLでしたが、マンション側で光ファイバーを
導入したため、今週の月曜日から光ファイバーを利用して、
インターネットやメールを使用してました。

また彼のPCを含めると、5台あるので他の4台は無線ランで
利用してました。

しかし不思議なことに今週の水曜日までは何の問題なく
つながっていたのに、木曜日くらいから「APが見つかりません」
と非常なメッセージ出るのみで、何がなんだかわからない状態で、
だましだまし使用してました。

今日になったら、私のPCと彼のHP君がやはり
繋がらない状態になったので、彼に原因をみてもらいました。

ようはルーターの設定の問題で、IPアドレスを自動にするか
固定にするかで、不具合が起きているようでした。

でも、今は快適なインターネットライフを送れているので、
彼に感謝、感謝です。




※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆




| | コメント (0)

AEAJ資格マニュアル

本日は、ほぼ一日かけて
「資格マニュアル」をMEMOしていました。

といのも3日前に推薦図書にあった、
「健康の地図帳」を購入して読んでいた
(見ていた)のです。

全部詳しくは見てませんが、
症状別に身体のどの部分が異常をきたして
いるからこうなる。と書かれている本で、
しいて言えば「家庭の医学」の図式で見やすく
なった本と考えて頂ければそれでいいかと・・・。


それを見ていたら、マニュアルにインストラクターの
資格試験のキーワードが書いてあると言う話だったので
今回初めて詳しく読んでみました。


解剖学はどうか置いといて、他の精油論などは
本当に今までのテキストをさらに深く掘り下げたって
感じだったので、テキスト完璧+補足の精油の科学
って感じになるのかな。

でも見てよかった。
難しい事は知っていたけど、再確認できて。

あとはキーワードごとに調べて行くとするか・・・。

追記:
私「健康の地図帳」をみて声帯の写真は載っていたのですが、
喉の写真が載っていなかったようなきがするのです。
実は、私の咽頭って左右二つの大きさが見て取れる位異なるのです。
中学生になるまでの間は、扁桃腺になると高熱が出る体質
だったので、その名残なのか、人それぞれ左右違うものなのか、
ほぼ対象なのかという事が、ずっと疑問として残っています。
誰か私と同じような人はいないのかな?

(因みに右側が大きいコブみたいになっています。)




※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆





| | コメント (3)

グニャッって聞こえた

昨日の話になりますが、
普段ご飯食べるときは座椅子とちゃぶ台
を利用しています。

その時に限り、何故か立ち上がろうとするときに、
立て膝(左)をして立ち上がろうとした時に、嫌な音
「グニャッ」という音と共に、「痛ーい(>_<)」と叫んでました。

その時点では特に、痛かったけど特に音の割には
痛みがそんなんでもなかったので、気に留めませんでした。


だが本日になって、起き上がろうとすると激痛が・・・。
膝の皿の下のあたりに痛みを感じます。
しかも左片足で立ったときや歩くときに、
ちょっとひねりが入ると「イタタタ・・・」となります。

これってやっぱり病院行った方がいいのかな?
(TдT)





※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆





| | コメント (2)

手続き

今日歯医者の帰りに、「アドバイザー講習」の登録料を
郵便局で支払ってきました。

その後、まっすぐ帰宅したら郵便ポストに、来期の
「日本アロマ環境協会」の継続手続きの案内が
届けられれていました。

さっき郵便局に行ったのに、残念!!
でも締め切りは、2/28だったけど、
早く納めて起きたかったのと、後は「健康保険の
変更届」を配達記録郵便で早く出したかったので、
またお昼ご飯を食べてから、すっ飛んで郵便局に
行って用を済ませてきました。


しかし、お金とか扱っている場所って、
隠しカメラ設置されているよね。
今日の日にもし何か、そこの郵便局に
事件でもあった日にゃ、私が一番疑われそう。


刑事1「この女、昼頃来て、また4時頃も
    来てATMを利用してますよ。」

刑事2「怪しいなぁ。身なりもみすぼらしいし。」


刑事1「聞き込みして、この女を捜しましょう」


刑事2「そうするか。」

とかなってたらどーしよぉ。




※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆




| | コメント (6)

歯医者さん第5回目

今日は今までの治療していた歯の
最終仕上げ。そう仮の詰め物へ、
本当の詰め物へ交換される日でした。

いままで、ずっと仮の詰め物っぽいので、
小学校から一度中学生で交換し、それからは
歯医者さんも忘れていたのか手付かず状態でした。

という事は、7年間も仮の歯で過ごしてい事になります。
で、今回もう大人になったので本当の詰め物(銀歯)を入れて
もらいましたが、この7年間培ってきた感覚
というのでしょうかねぇ・・・。
なんだかすごく不自然なんですよ。

私はよく歯を食いしばったりする事が多く、
そのせいでその歯も凹んでいたのは知っていたのです。
それが作るために上の型と下の型を取って作ったものだから、
本来はその高さが自然なんでしょうけど、それがすごく不自然なんだよー。
(>_<)

しかも意識しないで、とんがったところを噛むと痛み走るし・・・。
神経抜いているのにおかしいなぁ~。

まぁ、来週にでも訴えましょう。

あと一つ。
ついに作ってしまいました。
寝る前にはめるマウスピースを・・・。

歯科医師曰く、歯が磨り減っているとの事でした。
まだ酷い段階ではないけど、それをこれ以上酷く
しない為にも、良い機会かもしれませんね。
と言ったかなと思うと、

触診を始めました。(女性の先生なんでOK)
顎の骨の部分を押さえて、口を開閉してみるとガクガク音がするのがわかるし、先生の手にも伝わるみたいでした。

その後、左右両方の即頭部を触って
右が凝っているとか分かるんですもの。すごい。
腰痛も体の歪みや歯の食合せ、歯軋り・喰いしばりが
原因なんでは?とも。
また上を向いて、扁桃腺の辺りを触られると痛いんです。(>_<)
それが酷い人になると、ちょっと触っただけでも針で刺されているくらい痛みを感じるそうですよ.

でも、本当にその通り。
硬い食べ物を食べ続けていたり仕事中は何故かいつも歯を食いしばっている癖があり
そういう後では、顎が疲れているせいなのか、いきなり口が開かなくなってしまいます
で無理に中の食べ物を噛もうと口を開けると、嫌な音と共にガガガガと
少し開くのですが、それがメッチャ痛いのです。 本当に涙物ですよ。

(その後どうしているかはまた別の機会に書きましょう)


なので5000円くらいで作れるという事を聞き、
即その場で作ってもらいました。

それが来週届くのです。 ちょっと楽しみ。

ついでに、「明日のジョー」ごっこもやってみたりして。


「親ッさん、もう真っ白だよ・・・」 
なーんて♪


(台詞これでただしかったっけ?)





※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆




| | コメント (0)

━━━━キ(゚∀゚)タ━━━━━!!

やっと来たーです。
健康保険証。
会社の総務の担当に電話しまくって、
健保組合のお姉さんに電話しまくって、
ようやく今日来ました。

ふぅ~。
これで一安心です。

実は明日が、歯医者さんに行く日。
ここは、いちおう
「3割負担で次回来た時に
健康保険提出していただければ大丈夫
ですよ~。」
と丁寧な態度で接してくれたので、
明日には持っていってあげないと!!
という使命みたいなのが働き、ちょっと急かして
しまいました。

(総務の人・健保の人ごめんなさいね~
死活問題なのよ~。・゚゚・(×_×)・゚゚・。


後は心療内科だけかな。
でも今週は休日のため休みだった。
再来週には提示できるぞ!!

(心療内科の方は4月から制度が
 変わってしまって、「通院公費負担」から
 「自立支援法」になってしまいます。
 その手続きにも保険証が必要だったので、
 (´・ω・`;A) アセアセ)

とりあえず、題名だけで嬉しさを表現してみました。





※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆





| | コメント (4)

【L】2.精油学総論1

1.精油の本質


1)“エッセンス” = “精”
   精という文字が入る熟語を5つ以上書いてみましょう。
    ・精油 ・精製 ・妖精 ・精霊 ・精神
     otto = 蒸留法

2)錬金術と精油
   錬金術は古代ギリシャのヘレニズム思想にさかのぼる
   純粋なるものへの探求が精油への発見へとつながっていった
   ○イブン・シーナ(980~1037年頃)
      ・医学者に傾倒した哲学者。
      ・アビセンナ、アビケンナ、アウィセンナとも呼ばれていた。
      ・アリストテレスの哲学を習得。
      ・「現存するものはすべて必然である」
      ・『医学典範(カノン Qanun)』を著した。
      ・原始的な蒸留器を改造して精油の水蒸気蒸留法を確立。
       (最初の実験材料として選ばれたのはバラだといわれている。)
      ・アロマテラピーの原型

3)自然界における精油の役割
  ●生体内の情報伝達物質(ホルモン様働き)
  ●誘引物質(鳥や虫を寄せ付けること)
  ●忌避物質(鳥や虫を避ける)
   他にカビ・有害物質から自分自身を守る
   他の植物への成長を止める(ユーカリなど)
   高い生理活性をもつ

4)精油の物質(物質的な特徴)・・・有機化合物が
                          100~200種類含有
  ●芳香性(香りが特徴)
  ●揮発性(空気へ蒸発していく)
   蒸発が早いものは香りが飛ぶのも早い。
   ←→蒸気しずらい。(樹脂系は逆で遅いので最後まで香る)
  ●脂油性(親油性)脂に溶けるが、水には溶けない。




2.精油はいかにして作られるか?


1)蒸留法
 =もっともシンプルでもっとも多く用いられている方法
  100度前後で12時間ぐらいでできる。

  【蒸留器のしくみ】
  蒸留器の中で一番底から「蒸気のジェットボイラー」より
  上に向けて蒸気を発する。
  
  花やハーブ等がその上段にあり、その「蒸気のジェットボイラー」
  によって、油胞を飛ばしていく。

  油胞は管を通って、冷却器の中で冷却水によって冷やされ、
  管から液体が落ちる。

  その液体は上澄みがエッセンシャルオイル、
  そのエッセンシャルオイルの下には芳香蒸留水ができる。

  【芳香蒸留水】
  『外国での呼び名』   『日本での呼び名』
  ★ハイドロラート     ★フローラルウォーター
  ★ヒドロラーテ  =  ★フラワーウォーター = 芳香蒸留水
  ★ハイドロゾル     ★ハーブウォーター       ↓
                                水に溶ける性質を持っている。

2)圧搾法 エクスプレッション
  ・天然色素 ・水蒸気蒸留法ではとれないものも取れる
  ・不純物が入りやすい ・使用期間が短い

3)油脂吸着法 Abs.(アブソリュート) 
  1ヶ月間かけてつくる
・・・昔
  ・牛脂 ・豚脂 (臭いを取ったもの)を使用
   牛脂や豚脂が芳香成分を吸着する性質を利用したもの。

  ●アンフルラージュ法(冷浸法)
    常温の脂肪に吸着させる

  ●マセラシオン法(温浸法)
    60~70℃に加熱した脂肪に花などを
    浸し、香りを吸着させる。

   【吸着方法】
   ・牛脂 ・豚脂 (臭いを取ったもの)
   ・ガラスのトレイに、花や葉を敷き詰め、
    その上に牛脂や豚脂を乗せる。
   ・花や葉がしおれたら新しいものと変える
   ・香り+油脂(香脂)ポマード
       ↓・アルコールで精製
    香り+アルコール
       ↓アルコールを飛ばす
      香り(精油)
  
   ジャスミン、オレンジフラワーなどの微妙な花の香り
   を得るには優れた方法ですが、手間のかかる方法
   なので、現在はほとんど行われていない。


4)溶剤抽出法
  ●石油溶剤による溶剤抽出(Abs.)・・・現在使用
    石油エーテル、ヘキサン、
    ベンゼンなど、揮発性溶剤を使用
 
    香り+溶剤1コンクリート
       ↓ ・アルコール精製
    香り+アルコール
       ↓ ・アルコールを飛ばす
      香り(精油)


  ●レジノイド抽出法(木のみに使われる方法)
    レジノイド抽出(Reg.~%)<100%となると固形となる>
    語源レジン(樹脂)
    半固形状態
    例)ベンゾインReg 
      (ラ■ブラのベンゾイン:ベンゾインReg,50%)

  ●超臨界流体抽出法(二酸化炭素など)
   (スパイス系の抽出に使用)
   とても機会が高価である。
   ・超高圧 31.2度以上で液体でも気体でもない状態
                      ↓
                    超臨界という。
    にして、油胞を壊し精油成分を取り出す。
    
    ガス+香り → 圧の力で流し、常温、常圧にして抽出。
    (食品にも使用される)




3.精油の特性による呼称


1)ピュアナチュラル (成分無調製)

2)オーガニック (有機栽培(無農薬など))

3)ネイチャーアイデンティカル
  偽和製品
  ・合成のもの ・植物油などで薄めたもの
  ・昨年収穫したものと混ぜたりする事

4)ケモタイプ
  ●植物分類上の同一種であるが、成分構成の
    まったく異なる精油がある。

  (ケモタイプの一例)
  Rosmarinus officinalis ct.campher
  Rosmarinus officinalis ct verbenon

  ct ・・・ケモタイプ
  campher・・・カンファーが一般的なものより
          多く成分が入っている。
  verbenon・・ベルベノンが一般的なものより
          多く成分が入っている。

  (ローズマリーやタイムなどに多い)

_______________________

  ・ローズ・オットーに偽物が流失しているので注意
  ・ローズ・オットー1滴摂るのにバラの花50本必要

  ・カモミール・ジャーマン
   ハーブティーでは良く使用されている。
   精油を作る際は、一度乾燥させた花を使用する。
   カマズレン(アズレン)→抗炎症作用がある。

  ・カモミール・ローマン
   精油では香りが馴染みやすいが、
   ハーブティーにすると飲みにくさがある。


※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆




| | コメント (0)

第1回目のライブラ授業

今日から開校の「ライブラ」の授業。
本日は珍しく、朝の目覚めよく気分もまぁまぁ、って感じでした。

で、私の所からは多少時間がかかるけど、
渋谷まで行くのにバス1本でいけてしまうので
とても楽ちんなのです。

今日の授業の内容は「アロマの定義」と「精油学総論 1」でした。
先生もすごく分かりやすく教えてくれるし、まぁ今日が初めてという
こともあり、自己紹介や、精油を嗅いでどんなイメージが生まれるか、
など、ちょっと遊び的な要素が多かった気がしました。

しかし、殆どが1級と内容がカブっている部分がほとんどでしたので、
なんとかついていけましたよ。ヽ(^。^)ノ

今日は授業の最後に「ケルンの水」を(香水)を作る
実習があり、それを作って授業はお仕舞でした。

しかし、不思議な事に同じレシピを使用して作っているのに、
教室全員の(と言っても4人しかいませんでしたが・・・)
作った「ケルンの水」を嗅ぎ比べしたところ、
皆それぞれ違った香りになりました。

先生曰く、その日の体調によっていい香りと思う精油が
異なるそうで、香りを嗅いでこの香りがいいと言う事は、
ホルモン系がお疲れですね。
とか、風邪気味ですか?とか当てていってます。

きっと自分では気がつかない病気なども、
同じ精油でもいい香り、悪い香りがその日ごとに
違えば、今自分がどこが調子崩しているのか、
じゃぁ、通常に戻す為には、どうすれば良いのかなど、
分かるんじゃないかなぁ~と思ってしまいました。

※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆



| | コメント (2)

【L】1.アロマテラピーの定義

1.アロマテラピーには3つのカテゴリー(コンセプト)がある。

1)精油の薬理作用(内服、経皮吸収、患部への塗布など)
   精油には薬と同じような作用がみられる。
   初期の薬は生薬や精油から抽出されたものが多い。

   薬理作用:●塗布された組織に対して
          ●経皮吸収または、内服、吸入による吸収で、
           血液を通じて全身へ

2)嗅覚刺激の精神生理作用(嗅覚刺激)
   成分は体内には吸収されないが、香りの刺激が
   整理作用を引き起こす

   リラックス、リフレッシュの作用はこのカテゴリーにはいる
   ●嗅覚器官~嗅神経~大脳辺縁系~視床下部~自律神経
                             ↓
                          下垂体~内分泌系

3)ヒーリング(癒し)の作用
   深いリラクセーションは、潜在意識の扉を開く鍵として
   はたらくことがあります。
   この現象は、精油の薬理ではなく、セラピストとクライアントの
   ラ・ポール(信頼関係)からうまれ、
   精油はそのきっかけをつくる鍵にすぎません。
    ●香りは記憶と結びついている
    ●潜在意識へのアクセス






2.社団法人 日本アロマ環境協会の定義

1)アロマテラピーの定義(AEAJ定義)
   アロマテラピーとは、植物のエッセンシャルオイルを用いて、
   ①リラクセーションやリフレッシュなどの香りの効用を楽しむ、
   ②身体や精神の恒常性の維持と促進をはかる、
   ③身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す役割を担う
    もので、ホリスティックな観点から、美と健康を増進するため
    に人間が生み出した自然療法です。

2)エッセンシャルオイル=精油(せいゆ)の定義(AEAJ定義)
   エッセンシャルオイルとは植物の花、葉、果皮、樹脂から
   抽出した天然の素材
で、有効成分を高濃度に含有した
   揮発性の芳香物質です。

   
    エッセンシャルオイル=エネルギー

3)アロマセラピストの定義(AEAJ定義)
   美と健康の維持、増進を目的に、クライアント一人ひとりの
   心と身体の状態をふまえ、『植物精油』がもつ香りと特性
   の専門知識を最大限に活用しながらトリートメントを行う
   者。

__________________________
■授業内容


○香りのイメージング

 精油をしみこませたムエット紙を各自に配布。
 せの精油の香りをイメージしていくもの。
 ・風景 ・人(男・女・年齢・どんな感じの人)
 ・季節 ・時間 ・天気 ・感情 ・色 など

私のイメージ
▽早朝の爽やかな感じ
▽気持ちよく起床ができた朝
▽窓の外を見ると青空で、気持ちいい日差し
  が入り込んでいる。
▽春と夏の境目の穏やかな風が吹いているイメージ
▽青や緑を連想させる。

ちなみにこの精油は『マジョラム:シソ科』でした。
☆ムエット紙に1滴たらして嗅ぐ。
  (直接ビンから嗅いだときと、ムエット紙に染込ませて
  嗅いだときとでは、香りの印象が変化する。
  また時間経過後では、また異なった印象を受ける事jもある)


○アロマテラピーとアロマセラピーの違い

▽Aromatherapia アロマテラピー 仏
  ・メディカルアロマセラピー
  ・薬理作用中心
  ・ルネ・モーリス・ガットフォセ・・・化学実験中に自己で火傷を
                      負い、とっさに目の前にあった
                      ラベンダー精油をかけたところ
                      みるみる回復し彼自身を驚か
                      せた。
                      1928年『アロマテラピー』を著。
  ・ジャン・パルネ・・・・・・・・・・・・・1964年『aromatherapie』著。
                      芳香薬剤(精油から作ったもの)を
                      用いて手当て。
                      「役に立つこと」「科学的領域に
                      とどまる」ことに重点を置いた。

▽Aromatherapy アロマセラピー 英
  ・ホリスティックアロマテラピー
  ・薬理作用以外にも幅広い概念を持つ
  ・マルグリット・モーリー・・・▽1950年代~60年代に
                    活躍した生化学者
                   ▽1961年
                   『ル・キャピトル・・・ジュネス』
                   「最も大切なもの・・・若さ」を著。
                   ▽1962年
                   美容の国際的な賞である
                   「シデスコ賞」を受賞。

▽アロマテラピーもアロマセラピーも両方『芳香療法』である。

・火傷にはラベンダーを原液のまま塗る
・傷薬やにきびにはティートリー 治りは早いが、原液での使用はAEAJでは認められてないので、
すべて『自己責任のもと』で行う事!!


1.
①経皮吸収(トリートメント)

皮膚は、上から「皮脂膜」「表皮」「真皮」「皮下組織」から
なっている。「真皮」の部分には「血管」が通っている。

植物油と精油を混ぜてトリートメントすると、
分子の細かい、精油が吸収されて血管まで行き
その血管に入り込んで体中をめぐっていく。
植物油は精油に比べ分子が粗いため、「真皮」まで
浸透していくが、血管までは届かない。

②吸入
香り分子→嗅上皮の嗅毛に付着→嗅神経‐神経インパルス→大脳辺縁系→
嗅索→嗅球

大脳辺縁系の下には視床下部がある。
その「視床下部」によって以下の働きを司る。

恒常性-|- 自律神経系
恒常性-|- 内分泌系
恒常性-|- 免疫系
_______________
|    大脳新皮質          |
|    (判断、思考90%以上)   |
|                     |
|                     |
|     ________      |
|     | 大脳辺縁系  |     ←|←←視覚、聴覚
|___|_______|____ |
     ↑
    嗅覚


東洋医学と西洋医学について

例)ハーブを育てていたが、枯れてしまった。
東洋医学:水、光、栄養など全体的に足りないものを
       追求して足りないものをアプローチしていく。
西洋医学:枯れている部分を切り取ってしまう。
       悪くなったところを切り取り、排除する。


③内服×
  小腸から吸収→肝臓で解毒→血液→腎臓→尿となって排出


※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆





| | コメント (0)

【MEMO】ケルン水その2

本日は別の配合のレシピを手に入れたので、
そのレシピを書いてみました。

■材料
アルコール10ml
①ベルガモット・・・・8滴
②レモン・・・・・・・・ 3滴
③オレンジ・・・・・・・4滴
④ラベンダー・・・・・ 2滴
⑤ネロリ・・・・・・・・・2滴
⑥ローズ・マリー・・・1滴

①~⑥は順番どおりに入れること。
順番が異なるだけでも香りが大きく変わるため。

■作り方

アルコール10ml アトマイザーに入れ、
①~⑥の順番で精油を落として行く。

○1~2週間熟成
○6ヶ月以内に使い切る(柑橘系が多く使用されているので
                香りが変質しやすいため)

○ラベルシールを貼ること
 例)
   題名 ケルン水
   精油 ベルガモット8  ラベンダー2
       レモン    3  ネロリ   2
       オレンジ  4  ローズマリー 1
   作成日 2006.2.7

今では「4711」と言う香水が、
ケルンの水にあたる香りとして有名。

2.7.4

※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆



| | コメント (0)

明日開校

夢にまでみた、「LIBRA」の学校。
行って勉強するのが待ち遠しい。

昨日(2月5日)のアドバイザー講習会で
散々話しを聞いていたが、やっぱり私には
独学はむりっぽそう。

昨日のお話によれば、検定テキストの1級、2級に
しか載っていない部分もあるのでテキストもおろそかに
しない事と行っていた。

会員になった時にもらった「資格マニュアル」がここでは
重要になってくるらしく、その中に各項目でその「要旨」を
読むとこの項目は何について説明できるくらい勉強できれば
良いという説明文があって、
「勉強方法」というところで、どんな内容が出てくるかを
KeyWordとして書かれている。
それを説明できるくらいまで勉強すれば、大丈夫だといっていた。

あと、その「資格マニュアル」に挟んであったかと思われるが、
『参考図書』としていくつかの本の題名が挙げられている。

これで、勉強して下さいといっていたが、私のように
時間の使い方下手な人間には、ねぇ~。(^_^;)
決まって、何曜日に何時って指定されていると、
できるのに不思議~。


※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆





| | コメント (3)

何を意味しているのか?

本日の夢は目を覚ますごとに
夢を見ていたので、詳細に覚えていませんが、
なぜか神社の手をあらうお水場のところにいたり、
大きな神社で歴史的にも有名そうな建物。
その中を見学したりしているような夢。

そうかと思えば、知らない町のお祭りの夜店
の間を一人で通り抜けて、やっぱり神社なんだが、
今度は小さくて、高台になるから下の夜店の賑わいを
傍観していたりする夢。

あと一つ何か見たような気がするんだけど、
これに関しては全く覚えていない。


でも何となく、自分自身が孤独な存在でいるシュチュエーション
っていいのかな? そんな雰囲気。
現実ではそうではないのに、夢では一人ぼっち。


何を意味しているんだろう・・・。


※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆





| | コメント (0)

最悪な体調

昨日は本当に疲れました。
その反動なのか、午前中を無駄にして
しましました。(苦笑

生活スタイルを作るため、10:00に
目覚ましかけていても駄目。

それに土曜日の診察で、
就寝前の薬を増量されて
そのせいかな・・・とも考えたり。

というのも、
就寝前の抗うつ剤が1錠だったのに
もう1錠追加され合計2錠飲むことになりました。

いままで、寝てしまえば眠りが浅くても
ほとんど朝まで起きる事無かったのですが、
昨日の夜は1時間半ごとに目が覚め寝る、
またそのご1時間半後に目が覚める。
という事を繰り返してました。
(怖い夢をみて目が覚めるバターンが多かったかも)

朝も、ずっと変な夢を見てましたよ・・・。


結局、今もまだ起きてはいるけど
布団の中。

今晩は、薬を半錠減らして飲んでみるつもりです。

だって、あすから「ライブラ」の授業が始まるのですもの。
張り切っていくわよ!!


※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆





| | コメント (2)

AEAJ アドバイザー講習会

待望のアドバイザー講習会がありました。
今回私の会場は、「渋谷」でした。
運の良いことに、この場所からは、都バスか
京急バスで一本で行けちゃう、便利な場所。

そのおかげで、今日の朝はいつもの起床格闘
も少し長くできました。
最初9:00に起床するつもりだったのに、
結局10:00過ぎ。
これも死ぬ思いで、起きました。

熱いシャワーを浴びても、目は閉じたまま。


大丈夫なんかい!!わたし。
講習中に寝ない事を祈りながら、
11:00過ぎには家を出て、渋谷に向かう
バス停へ行きました。

しかし、講習会も90分+休憩10分+講習会90分
だったので結構辛かったです。
(会場内で飲食禁止もあって、喉が渇く渇く)

せっかく、渋谷に出たのだから帰りに、
マッサージでもうけて帰ろうと思ったのに、
もうそのスタミナさえ残っておらず、すぐに
大井町方面のバス停に向かい、乗り込み
座ると同時に、ふかーい眠りについてしましました。

いつも寝ると乗り過ごす私ですが、今回は乗り過ごさな
かったので、ちょっと嬉しかった♪

でも、一番嬉しいのはこれで晴れてAEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
になれる事だよ~(TwT。)嬉し泣き!!


※人気blogランキングに参加しています♪
応援してくれる方はクリックして下さい(^_-)-☆

| | コメント (11)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »